Unique-gate

毎日一記事更新を目標にしているブログです。 紹介するもの:本、写真集、ゲームソフト、自転車関連アイテム、乃木坂46関連商材、マンガ、映画、ダイエット商品

[スポンサーリンク]

ネットワークビジネスについて思うこと

おはこんばんにちは。ヨンペです。

まとめサイトでこういうものを見つけました。

hamusoku.com

第一印象は
「まだ存在していたんだね」
「そりゃ取り扱っている大本が存在すれば定期的にこういう話題は出てくるよな」
「でもこういう話題が出てくるっていうことは体質的な改善はやっぱり難しいっていうことか」というくらいです。

こういった類の話題はデリケートなので、取り扱いに注意しなければいけないことを理解したうえで、あえて個人的な考えを投稿しようと思いました。

まず。僕自身はア○ウェイなどのネットワークビジネスを行っていません。擁護するつもりもなければ、もちろん勧誘するつもりもありません。第三者の立場から、おぼろげになりつつある記憶をたどりながら思うことを書きます。 

ネットワークビジネス 2017年 01月号 [雑誌]
 

ア○ウェイについて覚えていること

ア○ウェイについては詳しいビジネスモデルを教えてもらいました。半日を費やすほどの時間を何回にも分けて。セミナーと呼ばれる説明会?「成功者」と言われる方の講演会?プレゼンテーションのお手本披露会?のようなものにも一人の一般観覧者として参加したことがあります。

ア○ウェイに勧誘する時にほぼ必ず使われる「不労収入」だけで今後の人生を生きていけるくらいのランクに達した方にも何人かお会いして、お話もさせていただきました。ただ十年近く前なので、改定や改善は行われているのではないかと想像します。

その上でア○ウェイのビジネスモデルを考えて、自分なりの理解をした感想は
「すごい。改善の余地があるのかもしれないけど、ほぼ完成されたビジネスモデルだ」
「問題があるとすれば、このビジネスモデルの正しい伝え方、それに日本の法律に即した行動や活動を、始めたばかりの方まで徹底させることができるかどうかだろうな」
もし仮にこのビジネスモデルを営業などの最前線で仕事をする社員まで徹底して理解させて営業活動に取り入れられた企業があるならいっぱしの成功を収めるだろうな、とまで想像したくらいです。

いわゆる「ねずみ講」や「マルチ」と呼ばれる、「ピラミッドの上の方にいるほど利益を得られる」モデルではないです。
・どの人も努力して成果を出した人、出し続けた人には正当な報酬がもらえる
・初めは自身の出した成果により報酬が決まるが、より報酬が大きく一定収入が見込める上のランクに行くには必ず教育が必要になる
・教育して成果を一定以上出し続けられるようになった、一定人数をクリアすれば上のランクへ行ける
このような仕組みだったと思います。

余談ですが、その他のネットワークビジネスで「ニュー○キン」だか「ニュー○ェイズ」だかで「不労収入」月数十万円を達成して地方へ移住した友達もいます。

ア○ウェイは世界展開をしている企業です。さらに記憶が正しければ、それぞれの国に進出する際、その国の法人を作って、その国に貢献できるよう税金も支払うようにしていたと思います。ビジネスが失敗したからと言って簡単に撤退できないような仕組みになっていたんじゃなかったかな?(ここらへん記憶が曖昧ですが)そういった企業がブラックであり続けられるのかな?上のランクしか得しないマルチ商法をし続けられるのかな?という素朴な疑問もあります。

人として魅力があるから上のランクなのか、上のランクだから人として魅力的になったのか

さきほど今後の人生を「不労収入」だけで全うできるほどの方にもお会いした、と書きました。そのどの方々も人として魅力的で、充実感に溢れ、活動的、穏やか、器が大きく、お話をするだけでも楽しくなったり、自身が前向きになれたりする、という魅力的な方々でした。

元々魅力的な方だから上のランクに行けたんだろう、という考え方もできますし、上のランクに行くために紆余曲折・修羅場などをくぐってきた結果魅力的になったんだ、という考え方もあるかと思います。多分両方なんでしょう。個人的な印象では半々くらいでしょうかね。

なぜネットワークビジネスは疎まれたり嫌われたりするのか

この投稿をしようと思ったキモです。

上で

「問題があるとすれば、このビジネスモデルの正しい伝え方、それに日本の法律に即した行動や活動を、始めたばかりの方まで徹底させることができるかどうかだろうな」

 と書きました。僕が思う「ネットワークビジネスへの印象の悪さ」はこの教育面にあるのではないか、と考えます。
・ビジネスモデルについて正しく伝えられていない
・仮に勧誘する時には注意すべき点を伝えられていない
・もしくは伝える側の人間もそういった行動を律する日本の法律を知らずにいる
・もしくは知っていても始めたばかりの方にまで教育を施し切れていない
こういったところなのではないでしょうか。

正しく教育をされていない方が多い、または教育をされていても目先の短期的な利益を求めるため、法律を無視し、勧誘相手の感情を考えず、自分なりに必死になって勧誘するも似たような方々が多くいるため「ネットワークビジネスやア○ウェイ」に対するイメージが悪く敬遠・疎まれ・イメージだけで嫌われる→友達を無くし、知り合いを無くし、自分で自分の交友範囲を狭めていく→数回しか会っていない方も勧誘しようとしてしまう→より一層孤立していく。

こんな図式になっているのではないかと思います。

ネットワークビジネスには「徹底した教育」が必要なのではないか

ビジネスモデルは素晴らしく、確立されたものである印象があるにもかかわらず、「ネットワークビジネス」というだけで敬遠されてしまう理由のうちの一つは、この「教育」「知識の伝達」「他人の感情を考える」こういったことにあるのではないか、と考えています。ニワトリが先か卵が先かみたいな展開になってきましたが、多くの方に正しいと思われるビジネスの進め方、勧誘の仕方をしなければそりゃ弾かれますよ…。

今からビジネスを始めようにも、先達の方々が残されてきた悪印象が残っています。だから一番始めに張り付けたようなまとめサイトに取り上げられるんです。これから始める方々はこういった悪印象を払拭することから始めなければいけません。元々交友関係で絶大なる信頼を得ている方なら別でしょうけど、一般人にはこのハードルは考えていらっしゃる以上に高いです。

よく「信頼は一瞬で失う、取り戻すには数倍の時間と努力がいる」と言いますが、イメージ面から言えばかなりマイナスからのスタートになってしまうわけです。

始めたばかりの方々、必死すぎるんですよ…そりゃ引きますって…。

もし身近な人がネットワークビジネスを始めたら…

もし近しい方がこういったビジネスを始めたことが分かったら…距離を置いて、なまぬるく見守りましょう。そんなに近しい人でなければ一思いに縁切りすることをお勧めします。それくらい厄介です。だって本人は「正しいビジネスモデルで、いい商品を勧めてみんなで幸せになるんだ!」って信じ込んじゃっているんですから。

以上、「ネットワークビジネスについて思うこと」でした。

[スポンサーリンク]