Unique-gate

毎日一記事更新を目標にしているブログです。 紹介するもの:本、写真集、ゲームソフト、自転車関連アイテム、乃木坂46関連商材、マンガ、映画、ダイエット商品

[スポンサーリンク]

初めて「とらのあな」に入ってきました!

おはこんばんにちは。ヨンペです。

 

先日初めて「とらのあな」に入ってきました。

Photo

ITmedia Mobile

www.toranoana.jp

 

店舗の名前はたまに見かけていたんですけど、マンガやアニメ関係のグッズを扱っているんだろうなぁ、程度の認識で入ってみたら、スゴイ!一昔前に秋葉原で興味本位で入ってみたコアな商品を扱っているお店と同じ匂いがする!なんだか懐かしい!

 

エレベーターを降りたらすぐ店舗入り口で、そこからマンガの大量島陳列!僕も知っているようなマンガや、島陳されている(多分有名なものなんでしょうけど)ものなのに知らないものも山!山!山!

http://gagagabunko.jp/bookstore/oregairu/img/store012_01l.jpg

http://gagagabunko.jp/ (画像はイメージです)

店員さんが書かれたであろう手書きPOPもそれぞれのコミックに丁寧に添えられていて、マンガ自体を知らない方でも面白そうと買ってもらえそうな陳列になっていました。

 

最近はどういうマンガが流行っているんだろう、と思って店内全部の陳列を見て周りました。

 

なるほど、なんか奥に行くにしたがって徐々にコアな商品を置くようにしているんだな、とか壁際に並べられている十数ページくらいの500円とか1,000円とかで売られているものはなんだろう、と思いながら進んでいきまして…。500円、1,000円のものは同人誌なのかな、でもどういう作品のキャラを同人誌にしたのか、そもそものオリジナルの知識量が足りなくて分からず…無念。

 

店舗の奥半分くらいのスペースに入ったところで明らかに雰囲気が、ピンクな感じになりまして。

 

ん、雰囲気が変わった…と思っていたら、あぁ、こういう系統…十数年前の自分だったら「パラダイスだぁ!」感涙していたでしょう。散財していたかもしれません。

 

ところが最近マンガやアニメを見ておらず、よってどの作品をモチーフにしたものなのか分からず。どちらかと言えば今は二次元よりも三次元の方が、という感じなので、分かる人が羨ましいなぁと思いつつ、分からなくなってしまった自分を寂しいとも思いつつ、お店を出ました。

あの頃にあったらなぁ、今こういったものにハマれる人ってこういう店舗があって幸せだよなぁ、ん?二次創作のものを販売できるっていう意味では、日本って本当にマンガを一つの文化にしているんだな、とか思ったりして。ひょっとしたらこの店舗はまだ序の口でもっと深いところはあるかもしれませんが、こういったところは絶やさずにいてほしいな、と。あ、もちろん未成年への販売禁止しているものは販売しちゃダメですけどね。

 

以上、「初めて「とらのあな」に入ってきました!」でした!

[スポンサーリンク]