Unique-gate

毎日一記事更新を目標にしているブログです。 紹介するもの:本、写真集、ゲームソフト、自転車関連アイテム、乃木坂46関連商材、マンガ、映画、ダイエット商品

[スポンサーリンク]

乃木坂46 白石麻衣さんのエピソードを覚えてるだけ書きます(まいやん)

おはこんばんにちは。ヨンペです。

先日の橋本奈々未さんの投稿に続いて今回は2013年9月から注目し続けている、乃木坂46白石麻衣さんについて覚えている限りのことを書き連ねていこうと思います。

乃木坂46について

テレビ番組では「乃木坂って、どこ?」(放映終了して)「乃木坂工事中」「NOGIBINGO!」の冠番組を持ち、NHK紅白へ二回出場(2016年の出場も内定済み)、ミュージックステーション出演、その他音楽番組、バラエティ番組などで見かけることも多いと思います。

TVCMでは一番古い記憶では「メガシャキ」、最近では「From AQUA」のイメージキャラクター、BTOパソコン*1マウスコンピューター」のCMに起用されたりしています。

www.mouse-jp.co.jp

yonpe.hatenablog.com

他にも雑誌掲載グループとしての写真集は2冊発売メンバーも8人が個人写真集発売(そのうち一人・西野七瀬さんは2nd写真集発売済み、もう一人・白石麻衣さんは2nd写真集を2017年2月7日発売予定、もう一人・齋藤飛鳥さんが2017年1月25日1st写真集を発売予定)、映画、舞台、ラジオ、インターネット配信番組をしています。

中でも特徴的なのがファッション誌「Ray」「LARME」に白石麻衣さん、「CanCam」に橋本奈々未さんと松村沙友理さん、「non・no」に西野七瀬さん、「sweet」に齋藤飛鳥さん、「zipper」に北野日奈子さんと、それぞれの専属モデルが所属していることも挙げられます。

ニュースで取り上げられることも多くなり、アイドルに注目されていない方にもメンバーの顔を一度は見たことがあるのではないでしょうか?

今回は乃木坂46の中でもファッション誌「Ray」の専属モデルを務めている「白石麻衣」さんについて、私が覚えている限りのエピソードを、Wikipediaには載せられていないようなことを書きたいと思います。

まずは画像を載せます。この方です↓

2016年はファッション誌「Ray」の単独表紙を三号連続で務めました。

私が初めて白石さんについて知ったのは、橋本奈々未さんが所属している乃木坂46冠番組乃木坂って、どこ?」を見たのがきっかけでした。

第一印象は「乃木坂46って今までのアイドルと違って綺麗な子が多いな~…中でも際立って綺麗なこの子は誰だろう」という印象でした。

この時代、インターネットでなんでも検索ができるのは便利ですよね。ゴシップ記事や単なるまとめサイト、真偽不明の情報を含めて十数サイトは見たのではないでしょうか。

そしてもちろん冠番組の「乃木坂って、どこ?」「NOGIBINGO!」両方ともほぼ全て見ました。すると第一印象がクールビューティだった白石さんへのイメージがどんどん塗り替えられていきました。

ということで、今私が記憶している限りの白石麻衣さんのエピソードやイメージを思いつくまま書いていきます。

第一印象は孤高、清楚、美人

白石さんを知った時にはすでに「Ray」「LARME」の専属モデルでした。ですが、乃木坂46の衣装はどれも肌の露出を控えたもので、これがほぼそのまま清楚につながっています。

「はふ~ん」

乃木坂って、どこ?」の企画で、楽屋の様子が録られていました。そこでメンバーから「髪染めた?」と聞かれたときに「ううん、染めてない」と言いながら両手で胸からお腹を素早くさする場面が映されました。

当初バナナマンの設楽さんからは「なに?欲求不満なの?」「カスッカスカスカスッってさすってるじゃん」と表現されていましたが、その次の回では「ハフーン」と表現を変えられていました。

白石さんいわく「楽しいことが好きなのでメンバーにも楽しくなってもらいたい」想いでああいったリアクションをしたそうです。メンバーの方からも白石さんは楽屋ではそういったアクションをしているということでした。

白石さん本人は当初「何してるの私!」と後悔している様子が映されましたが、時間が経つと自分から他の人に振って芸の一つにされています。

ライブでメンバーに真似されて一緒にするよう誘われてやったり、NOGIBINGO!ではサルの着ぐるみを着た堀未央奈さんに一つの芸として教える場面もあります。

乃木坂46の6thシングル「ガールズルール」で二人目のセンター

乃木坂46はこれまでに16枚のシングルをリリースしていますが、1stから5thまでは生駒里奈さんがセンターを務めていました。6thシングルリリース時に初めて生駒さん以外のセンターを務めたのが白石さんです。

このセンター変更は乃木坂46にとって大きな岐路でした。その証として7thシングル「バレッタ」では二期生の堀未央奈さんがセンターへ大抜擢、8thシングル「気づいたら片想い」では西野七瀬さんがセンターとなっています。それまで乃木坂46の象徴と見られていた生駒さんからの脱却を図ったものと考えられます。

実際生駒さんはこの時のことを「肩の荷が下りて楽になった」「素の自分が出せるようになった」と語っています。運営側の今後のプロモーション計画の一環だったのでしょうが、実質白石さんの存在がこの乃木坂46の今作り上げられているイメージの一要素になったと言えます。

黒石さん

メンバーの秋元真夏さんがぶりっ子をしたときに、秋元さんを睨み付ける表情がカメラに映され、バナナマンさんからこのキャラクターを「黒石さん」と名づけられました。初めて披露したのは「乃木坂って、どこ?」企画の「秋元裁判」だったかと思います。

秋元さんが(演出も考えてでしょうけど)堂々と「アイドルかくあるべき」考えを言った時に白石さんが秋元さんを睨み付ける表情を見せました。この表情をカメラに抜かれバナナマンさんから「白石さん顔面コワいよ!顔!顔!」と指摘されてアイドルらしい笑顔になる、というキャラクターです。

「黒石さん」が出るのはほとんどが秋元さんを相手にすることが多いんですが、まれに他のメンバーに出すこともあります。

物真似が得意

白石さんは物真似も得意です。ドラマ「ごくせん」出演時の仲間由紀恵さんを真似したり、他にモデルのローラさんボビー・オロゴンさん、顔出しNGの女性にインタビューをしたときの目線を隠して声色をボイスチェンジャーで変えたシチュエーションメンバーの高山一美さんの声・物真似などレパートリーが豊富です。「乃木坂工事中」では一人で仲間由紀恵さんとボビー・オロゴンさんのやり取りをものまねで会話する器用さも披露しています。

料理も得意

乃木坂って、どこ?」でバナナマンの日村さんにポテトサラダを作ったことがあります。一般的なマッシュドポテトではなく、ジャガイモは蒸かして柔らかくし、自作したマヨネーズを付けて食べる白石さんの創作メニューでした。

これは日村さん絶賛で「いままで食べてきたポテトサラダの中で一番美味しい」と言われていました。

MV撮影のメイキングで、他メンバーと一緒に豚汁を作っていたこともあります。

乃木坂46加入前の高校生時代は孤立していた(いじめられていた?)

乃木坂46の映画「悲しみの忘れ方」で言われていたんですが、高校時代にいじめられていたようです。原因までは分かりませんが、容姿に対するやっかみや、性格的なもの、本人に原因があったわけではない、など情報が錯そうしています。

基本的に人見知り

今もそうなのかは分かりませんが、初期は自分を「人見知り」と言っていました。仲良くなりたい人が近くにいてもどう話しかければいいのかわからないとのこと。

しかし一度仲良くなったり、仕事を何回か一緒にすると気さくに付き合えるそうです。

見知ったスタッフさんに会うと「やっほー」と笑顔で挨拶をしている、とも話していました。

肌が白い

乃木坂46時間テレビでのスタッフアンケートによると、白石さんの肌の色の白さは尋常じゃないほどだそうです。撮影をしようとすると、肌があまりにも白いために飛んでしまうほどだそうです。「天然のレフ版」とも揶揄?比喩されていました。

めったに体調を崩さず、仕事・電話の対応も大人

これはメンバーや、モデル関係のスタッフさんの証言ですが、しっかり体調管理ができている、プロ意識が高いとアンケートで答えられています。少し離れたところで他の仕事の対応をしているときに、ちゃんと「いつもお世話になっております。」「お疲れ様です。」など、一社会人としての常識をきちんと踏まえた応対ができていたそうです。

中学時代はソフトボール部

中学時代はソフトボール部で、右手の握力だけは40kgある、とNOGIROOMで言っていました。乃木坂46はドラマ「初森ベマーズ」という総メンバー出演ドラマに出ているんですが、その演技でも経験が役立ったようです。

また、プロ野球の始球式にも三回登板しているんですが、初めの二回は失敗。特に一回目は田中将大投手から事前に指導を受け「いい球投げるね」と褒められていたのに失敗してしまったので、マウンド上でジャンプして泣き崩れてしまいました。

その後のインタビューでは大号泣で「悔しい、リベンジしたい」と負けず嫌い・与えられた役割はちゃんとこなしたいプロ意識を見せました。

幸い三回目の始球式では成功したようで、記事になっていました。
乃木坂46白石麻衣、3度目の始球式でノーバウンド投球に成功

natalie.mu

メンバーの松村沙友理とは親友

一番外してはいけないエピソードです。

松村さんと知り合ったのはオーディション後すぐ。松村さんが帰りの電車待ちのホームで男性に絡まれていたところを白石さんが助けたのがきっかけだそうです。

白石さんと松村さんのエピソードは恐らくここでは書き尽くせません。

二人とも自分で「悩みがあっても他の人に相談できない性格」と言っていますが、この二人の間だけは違いそうです。

「松村がいるのといないのとでは気分の落ち着き方が違う」
「私にとって松村は唯一の理解者。大好きで、大切な人」
「そんな松村の哀しい顔を、私はもう、見たくない」
「色んな松村を見てきた。私は、自信を持って言える。松村が一番似合うのは、屈託のない、笑顔だよ」
などライブのメンバー紹介で松村さんについて話しています。

他にも過去何回か白石さんと松村さんで互いに際限なく「可愛いよ」「好きだよ」と褒めあったり、恋人か夫婦役を互いに演じる寸劇を見せたりしています。

なによりもこの二人の絆の強さを感じたのは2014年末でした。乃木坂46は各種メディアで年末紅白出場内定と報道されていたのに、出場できませんでした。

いくつかの原因のうちの一つではないか、と指摘されたのが松村さんの不倫報道でした。週刊誌に撮られてしまい、報道されたことによりNHKから紅白出場にふさわしくないと判断されたのではないか、と。

直接の原因がこれ一つかどうかは分かりませんが、ワイドショーで大々的に取り上げられることで、このときは良くも悪くも、もともと乃木坂46を知らない方々にも知られる一因となりました。

普段乃木坂46を扱わないようなサイトもこの報道を取り上げ、心無いバッシングも多々見受けられました。松村さん自身もメンバーへ謝罪するも、どう接すればいいのか呆然としている印象がありました。

しかしあるラジオで白石さんが松村さんに対して「相談しろよ(仲間でしょ?親友でしょ?)」と面と向かって言ったことが強く印象に残っています。

この白石さんが松村さんを叱ったことは、二人の仲を疑いなく硬いもの、と印象付けたと思います。

写真集

そして写真集も出しています。

乃木坂46初のソロ写真集を出したのが白石さんです。

モデルを務めていることからフォトブックも出しています。

そして2nd写真集(タイトル未定)も2017年2月7日に発売が決定しています。

www.nogizaka46.com

2017年1月25日には齋藤飛鳥さんの1st写真集「潮騒」の発売も決定していますので、メンバーのますますの活躍に期待しています。

2017年1月6日追記-2nd写真集のタイトルが決定、発表されました

headlines.yahoo.co.jp

 

『パスポート』だそうです。

人気アイドルグループ・乃木坂46白石麻衣(24)が2月7日に発売する2nd写真集のタイトルが、『パスポート』(講談社)に決定し、肩を大胆に露出させたドキッとする表紙画像が公開された。グループ総合プロデューサーの秋元康氏は帯文に「白石麻衣は、もう、どこへでも行ける。写真集を眺めながら、ふとそんなことを思った」とコメントを寄せた。

乃木坂46他メンバーがこれまでに出した写真集は7netで購入すると表紙が7net限定版になっていたり、楽天booksで購入した時はイベント参加権抽選、福家書店での購入はお渡し会など購入先によって特典が異なっていました

多分今回の写真集でも同じような販売方法がされるのではないかと思いますし、分かり次第この記事を更新します。

また、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが公式ツイッター【@mai_westcoast】では随時オフショットが公開されています。

同作の公式ツイッター【@mai_westcoast】で公開されているオフショットでは、無防備な笑顔やおちゃめな表情など、普段は見ることのできない一面を披露し、中でも食事を楽しむ「食べ石さん」のカットはファンも大喜び。ネット書店の予約ランキングでも上位に入っており、発売を待ちわびる声が日増しに高まっている。

以上「乃木坂46 白石麻衣さんのエピソードを覚えてるだけ書きます(まいやん)」でした。

*1:Build To Orderの略で、「受注生産」を行うことを言います。予めショップが準備してくれているパソコンの完成形を自分好みにカスタマイズして注文できる仕組みになっています

[スポンサーリンク]