Unique-gate

毎日一記事更新を目標にしているブログです。 紹介するもの:本、写真集、ゲームソフト、自転車関連アイテム、乃木坂46関連商材、マンガ、映画、ダイエット商品

[スポンサーリンク]

お世話になっている美容師さんが引退されるそうです…。

おはこんばんにちは。ヨンペです。

先日髪を切りに行ってきました。三年くらいお世話になっているスタイリストさんなんですが、今度美容業界を引退されるそうです。

美容院、というか理容室・床屋に通い始めたのは高校生で、それから住む場所が変わったり行く場所を変えたりして、これまで十数人の理容師さんと美容師さんにお世話になってきました。

ですが今回引退をされる美容師さんほど「合う」と思えた方はいなかったので、表現が乏しいですが、すごく残念です。

そのスタイリストさんに会ったのは三年前、ホットペッパービューティで見つけた美容院に行ったのが初めです。それからその方が美容院を移られても、その方にカットしてもらうために移った先の美容院に通いました。

その三年間の間にスタイリストさんは結婚し、今回お子さんを授かったことで引退をされます。

さて、そこでこれをきっかけに僕はまた新しく自分に「合う」美容師・スタイリストさんを探すつもりですが、どういった方が自分に「合う」のか忘備録代わりにまとめておきます。今の自分の価値観です。

f:id:guhsei:20161222142555j:plain

いいスタイリストさんとは

結論から。いいスタイリストさんとは、下に書くことができる方です。

  1. 挨拶
  2. 笑顔
  3. 席への誘導
  4. カウンセリング
  5. 店内を移動する時の気遣い
  6. 適切なタイミングでの確認
  7. 施術中の会話(したいしたくないの雰囲気を読める)
  8. お客さんの希望するスタイルをほぼ実現・あわよくば期待を超える

基本は挨拶、笑顔、席への誘導、カウンセリング、店内を移動する時の気遣い、適切なタイミングでの確認

訪店の初見から理想のスタイルを実現してくれる、というのはかなり難しい・というよりもほぼ無理だと思います。何回か通って、お互いの価値観やら流行に対する考え方を少しずつ分かって少しずつ理想の形になっていくと考えています。

挨拶

しかしはきはきした挨拶は練習と経験でできるようになるでしょう。初対面やお店に入ってすぐの挨拶はある意味先手を取ることにも似ています。挨拶をしている自分自身を励ますこと、スイッチを入れることもできます。あまりに大きく押しつけのようなものですと引いてしまいますが。

笑顔

笑顔も接客では大切です。感情のある生き物ですから。笑顔は警戒心を解いてくれます。初めは営業スマイルでもいいです。それに気付かれたとしても、少なくとも相手は笑顔を作る努力をしてくれていると分かります。

席への誘導

美容院によるでしょうけど、どの席で施術するのかほとんどのお客さんは分かりませんもんね。「今日はこちらの席へどうぞ」くらいは求めてもいいでしょう。たまに無言で先に歩いて椅子をこちらに向けるだけの方もいますが。

カウンセリング

お客さんの髪質、髪の流れ、頭の形を踏まえてお客さんがどういうスタイルになりたいのか聞いて、お客さんがどういうスタイルにしようか悩んでいる様子だったら「髪質と髪の流れからするとこういうスタイルが合いそうです」「最近の流行はこういうものが多いです」「○○(硬いとか優しいとか素朴にとかボリューミーニとか)のイメージもあります」みたいな提案があると選びやすいですよね。

店内を移動する時の気遣い

行く場所によって違うと思いますが、カウンセリング後は水やお湯で髪を流すところもあると思います。シャンプー台までの誘導も気遣ってもらえると嬉しいですよね。「こちらに段差があるので気を付けてくださいね」のような。

適切なタイミングでの確認

始めにカウンセリングをした通りのイメージになっていっているかどうか、適度に確認してくれると安心できます。「バックの長さはこれくらいで大丈夫ですか?」「サイドは耳にかからないくらいがいいですか?」などです。

多分ここまでは基本的なところなので少し慣れた方ならできるようになっていると思います。ただ慣れ過ぎると抜けてしまう方もいらっしゃるのが残念です。

施術中の会話(したいしたくないの雰囲気を読める)

この項目と下の項目はできれば求めたいところです。

カットしている間の会話って、したい人と苦手な人といると思います。もちろんしたい人にはお話してもらえばいいです。ですが苦手な方や緊張されている方は、どちらなのか察してくれると助かりますよね。

どういう仕上がりにしたら喜んでもらえるのかな~、と考えながらお話しすると、そのお客さんが本当はどんなスタイルにしたいとお話してくれるか、会話の中にそのヒントをくれると思います。

お客さんの希望するスタイルをほぼ実現・あわよくば期待を超える

初めてや数回目くらいですとお客さんの希望を完璧に叶えるのは相当難しいと思います。というか個人的には無理でしょう、と思っています。

ですが3~4回くらい通ったら大体の好む系統のスタイルが分かってくると思います。それを、スタイリストとしての個人の芸術性は置いておいて、お客さんの希望するスタイルを実現できるといいですよね。

あわよくば、そのお客さんの希望+流行を取り入れてくれると期待以上!と喜んでもらえます。仕上がりに、なにか整髪料を付けるかどうかまで聞いてもらえると細かい気遣いを感じられます。

お世話になっているスタイリストさんは

これまでにお世話になったスタイリストさんと同じく、始めの数回は「まぁこんな感じかな~」と思っていました。

しかし何回か通ってみるとまず感じたのが頭の回転の速さ。接客業だし、スタイリストとなるとお客さんとの会話も接客の内だし当然、と思われるかもしれません。スタイリスト歴8年とサイトにも書いていましたしね。

 しかし通ううちに、提案してくれるスタイルや仕上がりの良さ、というか僕の希望する髪型にそれぞれの季節に合わせた流行を取り入れるという柔軟さを持っている方です。

それにプロの方のスタイリングって素人だと再現しにくいことって多いと思うんですけど、それもしやすいスタイルに整えてくれるのは本当にすごいとしか言いようがありません。

もちろん完全に再現するのは難しいので、どうすれば近いイメージになりますか?と聞けば丁寧に教えてもらえました。

ドライヤーの風の当て方から、ワックスの付け方、乱れた時の直し方などなど…。

最後に

長年お世話になった方が引退されるのは本当に残念です。ここまで合うと思えたスタイリストさんはいらっしゃらなかったので。

それにまた合うと思えるスタイリストさんを探すのは、これはまぁ、楽しみながら探すことにします。

これからどうなるにせよ、この場を借りてお礼を書かせてください。

長い間お世話になりました。ありがとうございました!
元気なお子さんが産まれるよう祈っていますし、これからもパートナーさんと幸せになれるよう祈って、願っています。本当にありがとうございました。

以上「お世話になっている美容師さんが引退されるそうです…。」でした。

[スポンサーリンク]