Unique-gate

毎日一記事更新を目標にしているブログです。 紹介するもの:本、写真集、ゲームソフト、自転車関連アイテム、乃木坂46関連商材、マンガ、映画、ダイエット商品

[スポンサーリンク]

労働基準法という法律に異議を唱えた方に対してのお願い

おはこんばんにちは。ヨンペです。

tweetで見つけました。僕にしては珍しく、少しイラッときました。

労働基準法 是正勧告とは|松浦勝人オフィシャルブログ「仕事は仕事で遊びは遊び」Powered by Ameba

ameblo.jp

要約すると

  • 労働基準法違反している企業はたくさんあるのに、有名企業だけ実名で取り上げられるのはおかしい

  • 業界によっては特殊な事情がある
  • 好きで仕事をしている人もいるのにそこから仕事を奪うのはおかしい
  • 時代に合わない労働基準法は改正してほしい

です。

f:id:guhsei:20161223142747p:plain
(労働基準監督署のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとやより)

有名企業だけ取り上げられる

これについては分からなくもありません。というか理解はできます納得はしませんしようがないのかなという思いもあります

それは「みんなが知っているこんなに有名な企業でも労働基準法っていう法律を破っているんだよ!でもこれはいけないことだよね。社会はどうなってしまったんだろう?(たまにだから守ろう、という流れもあります)」

こういう流れでテレビの視聴者やラジオの聴取者、週刊誌や本の読者の興味を引いて注目してもらい、スポンサーからの予算や直接の売り上げを得ようとしているということは分かります。

しかしだからといって一部のよく知られている・誰でも聞いたことのある企業や組織を生け贄のようにさらし者にするのはどうかと思います。

業界によって特殊な事情がある

そりゃそうでしょうね。為替ディーラーの方のお話を聞くと、国内の証券取引所が終わったら次は海外の取引所を見なければいけない、時差があるので人によっては寝られない、という話を聞きました。

また、病院で仕事をされている方や学校に勤めている方の例も出されています。

でもそれはそれ、これはこれです。

特殊な事情というのも理解はできます。

好きで仕事をしている人もいるのにそこから仕事を奪うのはおかしい

望まない長時間労働を抑制する事はもちろん大事だ。ただ、好きで仕事をやっている人に対しての労働時間だけの抑制は絶対に望まない。好きで仕事をやっている人は仕事と遊びの境目なんてない。僕らの業界はそういう人の「夢中」から世の中を感動させるものが生まれる。それを否定して欲しくない。

これも理解はできます。好きで仕事をしているのにそれを奪うのは確かにおかしいとは思います

しかし、もし倒れるときには他の人や物事に迷惑をかけずに倒れてください。自分一人で独り相撲して自爆するのは結構です。止めませんよ。

でも他人に迷惑をかけたり物事に影響を与えるのなら話は別です。

巻き込まないでください。

ひとりで頑張って爆走して誰も知らないうちに廃人になっていただいても結構です。

でも巻き込み事故はダメです。

倒れないとしても、その方のペースで周りも仕事をせざるを得なくなりますよね。周りの方は必ずしもあなたのように好きで仕事をしている方ばかりではないですよね。

本人が順調に走っているように考えていても周りの方は違うかもしれないんです。

たいていこういった仕事の仕方をされている方は他の方を巻き込んだ形の仕事をされていることが多いです。ですので倒れようが倒れまいが、どちらにしてもなんらかの影響は与えていますし、受けます。

時代に合わない労働基準法は改正してほしい

これがおかしい。

上で書いたような、巻き込み事故を起こさないため、そして当の本人を守るための法律じゃないんでしょうか。まるで業界全体がこの方のように「好きで仕事をしている」印象を受けます。

違いますよね。それでどのくらいの方に悪影響を及ぼしてきたんでしょうか。

もちろんいい影響をたくさん与えてきたことも知っています。

でもだからこそ、こういった方にはいい影響のほうを与えていってほしい。

どうか、自分のすぐ周りにいる方のことしか考えていないような発信は抑えてほしい。切実にそう願います。

コメント欄を見て

この引用した記事に対して、どういうコメントがあるんだろう?と思って見ました。意外にもこの記事に賛成する・支持する方が多くてびっくりしました。同じ業界の方なのか、それともこの方の有名さに便乗しようとしているのか…どちらかは分かりません。

しかしこういった方が上層部にいる業界である限り、またはそういった方々に意見できる方が現れない限り変わりようはないんだろうな、とあきれました。

以上「労働基準法という法律に異議を唱えた方に対してのお願い」でした。

[スポンサーリンク]