Unique-gate

毎日一記事更新を目標にしているブログです。 紹介するもの:本、写真集、ゲームソフト、自転車関連アイテム、乃木坂46関連商材、マンガ、映画、ダイエット商品

[スポンサーリンク]

街で見かけた自動車いろいろ

おはこんばんにちは。ヨンペです。

サイクリングをしていると珍しい車やかっこいい車、歴史を感じる車などいろいろ見かけます。最近はなるべく写真を撮ってあとでパソコンで調べられるようにしています。そのなかでもいくつか惹かれた車をいくつか載せます。

これらもWindows標準で付属しているソフト「ペイント」で修正作業しました。

まずは

素直に「かっこいい」と思ったBMW3シリーズ

斜め前から。

f:id:guhsei:20170107182627j:plain

斜め後ろから。
f:id:guhsei:20170107182657j:plain

BMWに持っていたイメージ

BMWってバブルの時期「六本木のカローラ」と呼ばれるほど広まっていた外国車だそうです。その影響かBMWへのイメージはなんとなく、老若男女かかわらずやんちゃしている人が乗っているイメージがありました。

でも今の3シリーズの外見は洗練されて今風に変わっていたんですね~。

どこかで「四角い箱」の外見イメージがありましたので印象が変わりました。

BMWの操作性や乗り心地(聞いた話)

試乗したことがないので操作面や乗り心地、アクセルやブレーキを踏んだ時の感触やストレート、カーブのリアクションが合うかどうかは分かりません。

しかし先輩が試乗した感想は「ハンドルが重い」とのこと。

これはドイツ車なので高速移動を前提に考えられているため、あえて重くしている、という説明を聞いたことがあります。個人的には指一本でハンドル操作できてしまうような軽さは嫌いではないんですが、少し手ごたえを感じたいタイプですので興味はあります。

ちなみにその先輩はパートナーさんも運転されるそうなんですが、意見を聞いたら「(女性の私には)ハンドルが重くて扱いにくいから」NGを出されてアウディにしたそうです。

こういう話の流れで、というわけではないんですが次は

アウディA4

f:id:guhsei:20170107193159j:plain

アウディA4に持っているイメージ

こちらは昔も今も変わりません。あくまでも僕個人のイメージですが、40代高収入(年収1000万円前後)の方が好まれて乗っているイメージ。実際展示会でディーラーさんに購買者層をうかがうとそれは昔のイメージでしょう、と言われました。

今のアウディは20代後半あたりから30代後半あたりのサラリーマンの方に人気があるブランドになっているそうです。先輩はまさにその世代ですので合ってるんだろうな~、となぜか妙に感心しました。

なお、こちらもBMWと同じくまだ試乗したことがないです…。そもそもそんなに興味があるわけではなく、こういう人間がディーラーさんに行っても、お時間をいただいてしまうのが申し訳ないから、という理由です。それなら他にもっと潜在的アウディを好まれるお客様のために使ってもらったほうがいい、と考えています。

次はガラッと変わって

LEXUS

f:id:guhsei:20170107203212j:plain

トヨタ逆輸入車を高価格で、高付加価値のブランドで日本市場に参入してきた、と聞いた時には「ふ~ん、そっか。他の国産ブランド車も目立たないけど逆輸入してるけど感触的に認知度はあまり高くないからな~、トヨタほどの企業になったらブランド構築に費用かけるだろうけどどれくらい知られた存在になるのか興味はあるな」くらいの認識でした。

それがいまやもう!(海外のことは分かりませんが)日本国内では「誰もが知る国産の高級車ブランドといえばLEXUSと言えるくらいにまで知られて、一目置かれる存在になりました。

日本の自動車市場参入当初はディーラーが一切の値引き交渉に応じない「殿様商売なブランド」とまで揶揄されていたのに。しかしその販売手法が今の高級ブランドを作り上げる重要な一翼を担っていたんだ、と考えると今持たれているブランドイメージをしっかりと見据えて、そのための方策の1つにしか過ぎなかったんだととらえられます。

笑顔で「小憎たらしいけどしてやられた、一本取られた!」と言いたいくらい、高級ブランドイメージをとことんこだわって積み重ねてきた印象です。あんた何様?って突っ込みは自分で入れます。

ただ、僕の中では所有されている方のイメージが真っ二つに分かれています。やんちゃな若い人が、自分で費用を持つかどうかはともかく憧れて所有しているイメージと、自らの力で着々とキャリアを積み重ねて「自分に見合う車はLEXUSだ」と主張できるまでになった方が所有されているイメージ

しかしどういった経緯にせよ、街中で見かけると目を惹かれます。

もう一つ残念なのは、同じLEXUSでも前から見たデザインは他セダンと同じに見えるのに通り抜けるときを見ているとコンパクトカーだったのかな?という車種があること。対向車がLEXUSと分かって、憧れの目で見ていたら後ろが短かった時の残念さ加減は申し訳ないんですががっかりしてしまいます。

もちろんLEXUSブランドを背負っている以上、どのサイズの車種であろうとLEXUSの血・技術や信念は通っているはずなので購入者の方の乗り方や購入意図次第だということも理解はしています。でも正直残念には感じてしまいます。

さらにまた変わって

メルセデスベンツGLS

たまたま見かけたのですが、「イカツイ!」の一言。

f:id:guhsei:20170107200731j:plain

f:id:guhsei:20170107200737j:plain

こんなに威圧感がある車はドキッとさせられます。憧れの意味のドキッと、少し脅威に感じるドキッです。日本国内の狭い道もある道路事情で、よくこんなにでっかい車を買おうと思ったなぁ~、といい意味で感嘆させられます。

いや、本当にとにかくでかかった!それに周囲に「ベンツが通るぞぉ!」のオーラは半端ないでしょうね。僕なら後ろにつけられたら素直に譲って先を走っていただきますし、そもそも近くを走りたくないです

アバルト 124 spider

f:id:guhsei:20170107201423j:plain

以前輸入車展示場で見かけた車で、普通に駐車しているところは初めて見ました。

遠くから見た時にはエンブレムがポルシェっぽかったんですが、デザインがポルシェにしては見慣れない、と思って無意識に近づいてしまった車です。

近づいてみると往年のトヨタMR2?いや、違う、MR2も似てるけど今風なロングノーズのデザイン、エアロも凝ってる、ポルシェの滅多に見られないスポーツタイプかカスタムしたものか?と思いながら近づいてエンブレムを見て初めてアバルトか!」とようやく分かりました。

展示場で見た以外では初めてです、駐車場に止まっているのを見たのは。どういったところを気に入られてこの車を購入されたんだろう?と少し考えたんですが「他にはない個性」くらいしか思い浮かべられない貧弱な発想で。申し訳ありません。

最後はホンダ CIVIC

f:id:guhsei:20170107202143j:plain

初め見た時は「歴史のありそうな車が停まってる」と思いました。見慣れない車種なのでついやっぱり近づいてしまいまして。エンブレムを見て「ホンダ?!車種は?CIVIC?!わ~珍しい!しかも年期入ってる!」所有者の方はどういう方か分かりませんけど、ところどころ塗装が剥げていました。

よく見るとフロントもバックもそれぞれ細かい擦り傷が。

調べたら、恐らくですが1983年10月~1987年9月の間に販売されていた「CIVIC SHUTTLE」ではないかと思われます。約30年前の車種です。

年期は入っているものの、それでも所有者の方には乗る・乗り続ける理由があるんだろうな~、ひょっとしたら愛着がありすぎて手放せないとか、他の車は考えられないとかそういう理由だったらほっこりするな~、とこの車から離れた後も考え続けてしまいました。

CIVICはTYPE Rに一時期興味を持っていたので、同じ名前がついている車種でもこんなに受ける印象が違うのか~、と少しうきうきしたりして。事情を知らない周りの方から見たら単に危ない人認定・下手すると要注意人物と記憶されてしまいそうです。

でも珍しい車を見かけると嬉しい気持ちになるのは単純かも、でもそれでも幸せ。と、そもそもの幸せのハードルが低いヨンペです。

以上「街で見かけた自動車いろいろ」でした。

[スポンサーリンク]