読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unique-gate

毎日一記事更新を目標にしているブログです。 紹介するもの:本、写真集、ゲームソフト、自転車関連アイテム、乃木坂46関連商材、マンガ、映画、ダイエット商品

[スポンサーリンク]

男性でも肌には気を遣いましょ?

おはこんばんにちは。ヨンペです。

twitterから。

VIVIというファッション誌の専属モデル、トリンドル玲奈さんが #レイナに質問 で答えられていました。

「異性のどんなところに惹かれる?」→「綺麗なお肌!」

f:id:guhsei:20170131191819j:plain
ViVi on Twitter: "綺麗なお肌!#レイナに質問 https://t.co/h11J0H4fxS"

「乾燥対策何してるの??」→「ワセリンを最後に塗ったりしてます」

f:id:guhsei:20170131192133j:plain
ViVi on Twitter: "ワセリンを最後に塗ったりしてます😉😍#レイナに質問 https://t.co/t5G0yobErt"

多分なんですけどね、最近の20代男性の方々は化粧水や乳液くらいは使っていると思うんですよ。

いつでも基本的に考えている、抑えるべきポイントは 

  • 食べる
  • 寝る
  • 運動する

 この三つです。

幽遊白書でも蔵馬が「美味い食事と適度な運動。それだけですよ」と言ってますよね。

でもこれらのポイントを踏まえたうえで、男性でも気にした方がいいだろうと考えているのが保湿です。

男性でも化粧水を使っている人がいる?

オトコなのに化粧水とかwww女子か!wっていう方もいらっしゃるかもしれません。

男性で化粧水や乳液を使っている割合

商品企画部内のアンケート結果

でも男性でも化粧水や乳液を使った方がいい、使っている人は多いという根拠はあります。

会社の商品企画部の女性が、新しい商品開発のために同じ部署の男性に化粧水や乳液など使っているかどうかアンケートを取りました。

結果は商品企画部に所属する男性社員はマネージャ、部長も含めて全員が使っていました。ここのサンプル数は約10名です。正確な数は伏せますね。

個人的アンケートの結果

それから上の例は商品企画部っていう、部署特有のバイアスがかかっていることも考えて、僕の周りにも同じことを聞きました。対象は異業種交流会で知り合った方々。20代から50代前半の方までほぼまんべんなく聞けたと思います。

結果、世代が若い20代中盤くらいまでの人はほぼ全員使っていますが、さすがに30代後半から上になると3割程度。20代中盤の方はもうすでに自分の肌もケアするものという意識が根付いている印象でした。30代後半の方は冒頭に書いた通り「オトコが化粧水とかwww女子か!w」のような反応多し。

それでも全部合わせると8割の方は使っています。サンプル数は10数名です。これも正確な数は控えます。それからこれも上と同じく僕の交友範囲っていうバイアスがかかっている可能性はありますが、一応年齢層は広くカバーしているのでご勘弁ください。

僕も使っています

もちろん、というか僕自身も洗顔後は男性用の化粧水と乳液を使っています。

化粧水や乳液を使う理由

なぜ使うのかというと、まずは

  • 単純に肌のツッパリ感がヤだから。

それから

  • 副次的に肌が潤っている状態の方がいいから。

もう一つ加えるなら

  • 洗顔で失った栄養分を補給&肌の内面から出る栄養分を逃がさないため。

乾燥した状態が続くと肌のターンオーバー(古い肌から新しい肌に入れ替わること、大体2週間)の関係からしわの原因になる、というのはテレビを始めとするメディアで言われていることです。

十数年前から言われ続けているので、多分今後も言われ続けると思いますし、なんらかの意図的な操作(化粧品業界や医薬品業界を発端とする大がかりなイメージ操作)がない限りはこの考え方で進めていいと思います。

化粧水や乳液を使い始めたきっかけ

実はこのツッパリ感が嫌で化粧水を使い始めたのには、ある体験があります。かなり前に思春期のニキビケア対策に使われる洗顔料を試したことがあります。

顔面中のすべての脂分をごっそり持って行かれました。(見直してみるとこの表現は「鋼の錬金術師」の影響受けてますね←わからない方はスルーしてください)

もう、つっぱってつっぱって。洗顔後なのに、顔に障子に付けるノリを付けた感じ(付けたことはありませんが)。せっかくあるんだし、と貧乏性と惰性で我慢しながら3日は使い続けたんですけど我慢できずサヨナラしました。

そのあとUNOの洗顔料やメンズビオレ、LUCIDO、マンダムなど使ってみましたが、肌質や洗顔後の肌のうるおい感と値ごろ感を考えるとUNOが一番いいですね。

というわけで今使い続けている洗顔料はUNOです。パッケージ変更前からずっと使い続けています。パッケージ変更してからは少し香りがついたように思いますが、使用感は変わっていません。前は黒いパッケージだったのに、いきなり白に変わったので買い置きしようとしたときホントにこれか?と迷いました。

今までに試した化粧水と感想

話がそれましたが、化粧水で試したのはGATSBY、肌水、OXY、肌研、NIVEAロクシタン…あと何使ってみたっけ?てくらい。あ~、オバジも使ったことがありますね。

GATSBY (ギャツビー) 薬用スキンケアウォーター (医薬部外品) 170mL

これはまぁまぁ、普通と言うか及第点という感じで無難です。男性用商品の代名詞・GATSBYならではと言う感じでした。メーカーのマンダムさんには申し訳ないのですが、あまり印象に残っていません。それだけ無難だし万人受けするものだと思います。

メンズ肌水 ボトルタイプ 400ml

使用感は一言。化粧「水」ですね。ほぼ水に近い感じであまり保湿効果は実感できませんでした。お風呂上りやシャワー上がりに身体に付けてみたりもしたんですけど、あまり効果は実感できませんでした。ただライムのほのかな香りは清潔感があっていいと思います。本当にほのかですが。

オキシー モイストローション 170mL

少しとろみがある化粧水です。今のところこれが一番僕の肌には合っています。他の化粧水と比べて香りもすっきりとしています。難点を言えば、下に書くロクシタンのように「肌に浸透している」という感覚まではないこと。あくまで上からカバーして保湿する感じです。

Oxy(オキシー) モイスト化粧水 170mL

OXY化粧水の中でも少し清涼感があるタイプです。質感は上のモイストローションと同じくとろみがあります。汗っかきな僕は夏場には重宝します。こちらは清涼感と、モイストローションと同じように清潔感のある香りがします。

オキシー ミルキーローション 170mL

OXYの乳液です。上のオキシー モイストローション 170mLの後に使っていますが、同じブランドのおかげか、相性がいいようです。

この乳液を使えばオキシー モイストローション 170mLは使わなくてもいいような記載があるんですが、やっぱり乳液は乳液で使い分けたいです。香りは、そんなにしませんね。

肌研(ハダラボ) 極潤 ヒアルロン液 170mL

女性にも人気があって、TVCMもよく見かける商品です。メインターゲットが女性なんでしょうけど、とろみがあり、香りも女性化粧品のような香りは強くないです。ただOXYの方が少し男性向きの香りがするのと、価格がOXYよりも少し(販売店によりますが100円~200円くらい)高い傾向があります。

ニベアメン オイルコントロールローション 100ml

完全に男性向きです。試しに買って使ってみたんですが、海外の男性が好む香りの印象が強いです。TVCMでもロマンスグレーの外国人男性が付けているシーンが映されますが、恐らくターゲットとしているのもそういった方々なんじゃないかと思います。

個人的には苦手な香りですし、20~30代前半の方が付けていたら「あ~そういう香りが好みなんですね~」と思います。香りの好みが変わらない限り使わないと思います。

ただ、NIVEAブランドということもあり、保湿力は十分にあると感じました。

ロクシタン】イモーテル エッセンシャル フェースウォーター 200ml [並行輸入品]

なんでこんなに高いもの試したのか…多分興味本位でロクシタンの店舗に行ったら店員さんに薦められたからだと思います。

ただ、この化粧水は凄いです。

何がすごいって、付けると「顔が痩せて見えるらしい」ってところです。

この化粧水を付けた日に人に会ったら、同僚と、立ち話をした友達、夜飲みに行ったバーのバーテンダーさん、それにそのバーの常連さんから「痩せました?」って聞かれたんです。いやいや、体重は変わってないですよ~と返しましたが。これが1人2人なら笑い話のネタになるところですが、3人以上になると本当かもしれないと思わされます。

指摘してくれたのは、毎日ではないですがほぼ日常的に会う方々ですし、痩せた?って聞かれる原因がこれを付けたからということしか浮かびません。食事制限もしていないしストレッチや体操もしていない時期でしたから。

ロクシタンの店員さんに聞くと、リフトアップ効果が期待できる成分が配合されているとのこと。このリフトアップ効果でほっぺたが持ち上げられて、結果痩せて見えたんでしょう、と言われました。普段浸透力のある化粧水を付けていなくて、このロクシタンは浸透力があるからでしょうか。根拠は薄いですが、痩せた?と言われたことは確かです。

付け心地も、すぐ肌に浸透する感じがします。それからよくTVCMで見る、手をほっぺに付けて放してもほっぺがついてくるのが実感できます。

ただ香りはオーガニックアロマオイルのような香りがしますので、好き嫌いがあるかもしれません。人によってはいい香りと言ってくれますが、一方で草みたいな香りがするという方もいらっしゃいました。

話が少しそれますが、ロクシタンは香水が好きです。これが最近のマイブーム香水です。ただ香りがすぐ逃げてしまうのが悩ましいですが。緑茶の香りは気分を落ち着かせてくれます。香水の話はまた別の機会にします。

ロート製薬 オバジC10セラム 26ml [134502]

付け心地はいいです。ロクシタンと同じく肌に浸透する感じがします。

香りはオレンジかグレープフルーツの香りがします。

この化粧水は量の割に結構な値段がするんですが、なにか特殊な製法(エトキシジグリコールで包み込んでいるとかなんとか?)でできていて、ビタミンCを肌の奥底・真皮まで届かせるようにできているとか。真皮まで届いたビタミンCが肌のターンオーバーを促進させて、シミ・シワ・くすみを薄くする効果が期待できるというものです。

実際に、左目の下に500円玉くらいの大きなシミがある50代の女性に2か月試してもらったことがあります。すると2か月後、シミの淵の部分を残して内側は他の肌と同じ色になっていたのを見たのは衝撃でした。薬じゃないんですけどね。薬事法的にはあくまでも化粧品なはずなんですが、効果を謳いたくなるのも分かります。

ビタミンCを肌の奥まで浸透させるということで、肌の弱い方や敏感な方はピリピリとした刺激を感じることもあるそうです。ですがそれが浸透している証拠だということでまずは使い続けるよう薦めていると聞きました。

しかし数日使って赤みやかゆみが出たり、肌になんらかの異常が出てきたら使うのをやめてくださいと案内しているそうです。それだけ効果?刺激?が強いということでしょうか。

実は僕も一円玉くらいのシミがあるので使ってみようかとは思ったんですけど、なにせ高いっす。店員さん?化粧部員さん?から聞いた話ですと、うわさを聞いて高校生の男の子が買っていったということですが、使い続ける勇気が必要ですね。

結論-使い続けているのはOXYモイストローションとミルキーローション

少し前までは肌研を使っていました。

でも上に書いた通りOXYの方が少しだけ安いこと、OXYはもともと男性用に開発・発売された商品ということで化粧水も乳液も今のところOXYで統一しています。

番外編1-ニベア クリーム 大缶 169g

そういえば少し前に青い缶のNIVEAが万能という記事をいくつか見ましたね。

女性向けの記事だったと思うんですが、化粧水の後の乳液代わりに使うと保湿力がすごいとか。今のOXY乳液買い置き分を使い終えたら試すのもありかな~と考えています。お値段もお手頃ですしね。ただ、容器が缶なんですよね。洗顔後に手で直接すくい取るのは少し抵抗があります。スパチュラ使うのはさすがに面倒ですし。ここはちょっと悩みどころです。

番外編2-【第2類医薬品】オロナインH軟膏 100g

NIVEAがいいと言えば。オロナイン軟膏を化粧水後に塗るのもいいとか。でもこれは医薬品ですよね。

「使用上の注意」部分に「化粧下」には使わないように、って記載があるみたいなんですけど大丈夫でしょうか…?メーカーがはっきり記載しているからには使わない方がいいと思うんですけど。

番外編3-【指定第2類医薬品】フルコートf 5g

そういえば今は顔に使わないでください、と案内されている「フルコートF」という医薬品も昔は化粧下地に使われていたということですから、オロナインも同じような経緯かもしれません。結構強い医薬品ですから、却って肌を痛めたり薄くしたり逆効果な気がします。

ヴァセリン オリジナルピュアスキンジェリー 200g 

もう一つ。最後です。これは僕は付けてみたことしかないんですが。香りはほとんどなく、素材?基材?そのものの香りしかしません。香りや色のついていないリップクリームを塗っている感じです。少しベトつくような感じもしますが、これこそが保湿の要因なんだろうなと思います。

これが相当いいと聞いています。

根拠その1-薬剤師免許を持つ方の話

根拠は薬剤師免許を持っているベテラン営業の方。基本的に、DISっているわけではないんですがその方って偏屈なんですよ。でもおっしゃることは根拠があって、このワセリンという商品・成分は身近なところではリップクリーム、それから乾燥肌向けの医薬品・医薬部外品の原料として幅広く使われている、一番使い勝手が良く保湿性能では万能と言っていいくらいの効果が期待できるそうです。

ドラッグストアなどでクリーム状になっているもの、ペースト状になっているものの成分表記を見ると「白色ワセリン」というものが大体見られます。

原料の名前がほぼそのまま商品名になっているところは肌研のヒアルロン酸に通じるところがありますよね。この記事に直接は関係ありませんが、商標とか問題なかったんですかね?

根拠その2-ヘビーユーザーな女性友達

もう一つ。女性の友達が唇がいつも乾燥して困るといって、この200g容器のものを常備していました。カバンの中に200g容器ですよ?そんなに大きなカバンでもないのにこれが出てきたときはさすがに驚きました。どんだけ乾燥するんだろう、と。

でも本当に唇の乾燥が酷いそうで、ことあるごとに、結構頻繁に付けているせいか、容器は4分の1くらいにまで減っていました。透明で、香りを付けていない分余計なものが入れられていない印象があるんですって。

リップクリームもあります

男性でリップクリームはちょっとねぇ、という方でもヴァセリンのリップクリームがあります。清涼感のあるリップクリームや香りがついているリップクリームを避けたい方にはお勧めです。

2017/2/7追記-知らないと損!ワセリンは乾燥以外にも使える万能アイテムだった…

ヴァセリンの使い方いろいろ、という記事を見つけましたので追記します。

www.bibeaute.com

リップクリームとして使えるだけでなく、ワセリンには50通りもの使い道があるんだとか。今回は意外な使い方をご紹介いたします。

・足に塗っておくと靴擦れ予防に
・目の周り、鼻の穴の周り、鼻の穴の中にワセリンを塗ると、花粉をブロックする
・指のささくれに塗り、角質のはがれを防ぐ
・小さなキズに塗ればバイ菌の侵入を防いでくれる
・赤ちゃんのおむつかぶれ対策に
・虫よけとして
・まつげの保湿に
・化粧下地に
・ウォータープルーフなどの化粧落としとして
・指輪が抜けない時の潤滑剤として
・好きな香水と合わせると練り香水に
・毛染めの時にコールドクリームの代わりに
・革製品のツヤ出しに
・衣類についたメイク落としに

知らないと損!ワセリンは乾燥以外にも使える万能アイテムだった… | 美BEAUTE(ビボーテ)

ワセリンって防腐剤やステロイドが使われておらず、副作用の心配もないので赤ちゃんにでも使えるっていうのは大きな魅力ですよね。

今は男性でも化粧水や乳液を使って保湿やしわができないようにするのが流行りのようですし、年齢を重ねてもみずみずしい肌を保ち続けているというのは見た目にもいい印象を与えられます。少なくとも脂ギッシュな肌よりはいいんじゃないでしょうか。

洗顔後のひと手間、数十秒手を加えるだけで周りにいい印象を与えられると思います。

以上「男性でも肌には気を遣いましょ?」でした。

[スポンサーリンク]