読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unique-gate

毎日一記事更新を目標にしているブログです。 紹介するもの:本、写真集、ゲームソフト、自転車関連アイテム、乃木坂46関連商材、マンガ、映画、ダイエット商品

[スポンサーリンク]

【洋楽紹介】[ボーイズIIメン]名曲のカバーに時代の流れを感じる。歳かなぁ…

おはこんばんにちは。Unique-gate(ユニークゲート・略称:ユニゲ)です。

先日ラジオを聴いていたら懐かしいメロディーが聞こえてきました。

幼少のころめちゃくちゃ頻繁にMTVで流れていたBoyz II Menの「End of the Road」という曲です。youtubeに公式らしきPVがありましたので貼ります。

https://www.youtube.com/watch?v=zDKO6XYXioc

www.youtube.com

日本人男性グループの方がカバーを歌われていたんですが、違和感を感じました。

 

英語の歌詞だから発音がどうとかイントネーションがどうとかではないんです。しかしオリジナルとは違うなぁと思いまして・・・どなたが歌われていたのかは知らなかったのが幸いっていうほど、個人的には衝撃的でした。

[スポンサーリンク]

 

オリジナルの方は黒人四名の方が歌われています。ハーモニー部分ではそれぞれの方が主張はしあわず、ソロ部分でハーモニー部分では極力消されていた声質の個性が出ている、という結果として曲全体のバランスが素晴らしく取れた名曲なんです。

 

ところが、カバーされた曲はソロ部分はもちろんハーモニー部分でもそれぞれの方の自身の個性が(出そうとしているのか隠そうとしているのかは分かりませんが)前面に出てしまっていて、残念な印象になってしまっていました。

オリジナルは聞くだけで涙ぐむほどの名曲なんですが・・・恐らくこの曲を初めてこの男性グループで聞かれた方はこういう曲なんだろうと覚えられてしまうのではないかと、少し悲しくなりました。

 


カバーするためにオリジナルの方へ許諾を得るかと思うんですが、リリースする時の完成形まではチェックしないんでしょうね…徳永英明さんとかJUJUさんが歌われるカバー曲は、オリジナルメロディーをいったん消化吸収したうえで個性を活かした歌い方をされているように思うんですが…う~ん…せっかくの名曲なんだけどなぁ。

思い入れがある、というか幼少期そらで歌えるほどの思い出があるからこそ感じてしまうことなんでしょうかね・・・。

 

一応個人的にお勧めしたいCDを紹介しておきます。今はダウンロードしたりyoutubeで聞いたりするんでしょうけど、CDで聞くのもいいもんですよ。

以上「【洋楽紹介】[ボーイズIIメン]名曲のカバーに時代の流れを感じる。歳かなぁ…」でした。

[スポンサーリンク]